燻炭

2015年のスタート

今年初めてのupになります。
まずは秋まきのレタスはどうなったかと言うと。
2015年秋蒔きレタス3月
幾ら暖かかったとは言え,冬ですからね。
氷点下10℃は無かったものの氷点下6℃というのは有りましたから。
ビニールハウスをセッセとこさえてはみたものの・・・朝見ると土は凍ってましたね。
残り湯暖房を試みてはみたものの,焼け石に水?朝見るとペットボトルは,カチンカチン。
そして,やっぱり成長は遅いです。
結球も未だにしてないし。
湯水のごとく?レタスを食べた~い。
湯通しして,じゃがいもと人参。それをからしマヨネーズと酢であえて・・・。
夢がかなうのはいつの事やら。

今年の計画は
連作障害が出てきてる雰囲気がするので,作物の種類を若干変えてみようと考えています。
追加するのは,人参と小松菜とレタス。
人参はBethのおやつも兼ねてますのです。
継続するのは,胡瓜,トマト,茄子,韮,三つ葉,茗荷。
茗荷,三つ葉は,一度植えると,定期的にニョキニョキ出てくる放任作物なので引き続き継続。
韮は,どうも茶髪になる傾向があるので,環境を変えて植替えし継続。
連作障害が出やすい胡瓜,トマト,茄子に関しては,数を減らして畑をローテーションする方向で考えてます。
火星の食卓では欠かせない野菜なもんですから。

去年燻炭を二袋ほど頂いたので,あまりうまくいったことのない根菜類を若干栽培してみようと考えてます。
まずは手始めに人参から。
燻炭は土壌改良剤としても使えるし,カリウム分が豊富なので,根菜類に向いている肥料だという理由からです。
火星農園は,米糠を冬場の間に鋤きこむむので,おそらく窒素分がわりと多いと思われます。
それは火星農園内の葉菜の迫力のある伸び方をみてみるとですね。間違いはないと思うのです。



12月の火星農園

火星農園の畑では。
屋内に避難しきれなかったパセリ・レタス達が,寒さと戦っています。

その他に,韮・三つ葉・茗荷は,植えっぱなしですが。
但し,韮に関しては2年に一回植える場所を変えてあげるようにしてます。
今年の韮は,植え替えてから一年目なのですが,
育ち方があまり良くなかったので,
思い切って12月13日に植替えをしました。
2週間前に燻炭と牡蠣殻石灰となたねの油粕を鋤き込み済み。
PC135160
敷き藁をして冬に備える。
手前にちょっと見えるのが,パセリです。

同じ12月13日一回目の米糠の投入実施。


パセリ
2014年12月パセリ
プランター3つ分のパセリを屋内:日当たりのいい廊下に避難させました。
水やりさえ欠かさなければ,香りのいいパセリがいつでも食べれます。

レタス
2014年12月レタス1
2014年12月レタス2
2014年12月レタス3
せめてお正月に食べれないかな~。
卵とレタスのサンドイッチ作るので,それに間に合わせたかった・・・。
でも,全然間に合いませんでした。
お育ちになる為の様々な方法を,僕なりに考えて実施はしているのですが,
今のところいつ収穫できるかの見通しは立ってません。

火星農園温度
2014年12月火星農園温度
information
虫よけウェットティッシュ
ガーデニングの熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンク レモン ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を
火星の食卓
で公開中
火星農園栽培難易度
火星農園的虎の巻 栽培難易度偏差値一覧
四季のある国

管理人:火星から来たBethのプロフィール

のざぽん

『火星から来たBeth』とは
地球歴2009年10月28日
Bethが火星からやってきたのをきっかけにはじめたブログです。
実際は宮城県動物愛護センターの譲渡犬として貰い受けてきた犬ですけど。
なんとなく「ブログをやってみっかな」。
そしてブログをはじめるにあたり,タイトルで悩んでいました。
「出生も出身地もわからないんであれば,火星から来たことにすればいいんじゃない」
この札幌の友人の一言で決まった由緒正しいタイトルなのです。
お散歩は,住んでる岩沼を中心に宮城県南部を主なターゲットに選んで歩いてます。
『のざぽん』とは
小学校から中学校にかけて呼ばれていたあだ名で,札幌の友人に言わせれば「ダサイ」の一言。
僕も「ダサイ」とは思ったのですが,なにせその手のボキャブラリーは,貧困この上ない僕。
あとで変えればいいやと思い,取りあえずつけたニックネームです。
でも,いまだに変えてません。
やはりボキャブラリーの問題なんでしょうね。
『ブログの内容』
当初はBethとの散歩を中心のお散歩日記だったのですが。
散歩が徐々に遠足へそしてトレッキングへと移行していくにつれて,歩くのがとても楽しくなり。
生活の一部となるにつれて,ブログの内容も変化してきたと思っています。
それと,やはり2011年の震災ですね。
自然の脅威に翻弄されながらも,
自然の営みの一部に生活がある事をしり,
その自然の営みの中で多くの恩恵を受けながら共存して行こうとする人々に感動したりしながら・・・。
その様々な人間模様のなかで,究極とも思える環境の中で垣間見える業などに,悲しみを覚えたりしながら・・・
のブログになってきたように思います。

そして,『火星から来たBeth』から『のざぽんの食道楽』が生まれ・・・これは『火星の食卓』で継続しています。
『火星農園』が生まれ,震災後『火星電気商会』が生まれました。

胡瓜の摘心方法
とまと摘心芽かき方法