ブルースター

西洋朝顔の神秘

7月の火星農園 ガーデニング編 :栽培カレンダー付

緑のカーテンの為に栽培中の西洋朝顔は
heavenly blue
flying saucers
blue star
pearly gates
今年はすべて火星農園産の種で賄いました。


品種別に種の収穫ができなかったため,品種別の栽培はできませんでした。
(種から品種を見分けることは不可能)
「エイヤッ」って感じで種まきしたわけです。
だから上記の品種のどれが欠けてもおかしくないと思ってました。
2014年日記7月西洋朝顔

0714
「ヤッター」全品種が咲いたのであります。
今年はできるだけ品種別に種を収穫したい。
「さて,どうするか・・・・ウ~ン」
思案した結果。
「丸札をつけてみよう」
炎天下の中。
脚立に登ったり下りたり。
ジリジリ照り返すコンクリートやアスファルトの上。
咲いた西洋朝顔の花から蔦を追いかける作業は,真夏の電気室や工場の中で配電盤や制御盤の配線を追っかける作業に似ています。
違いは汗を落としてもショートしないという事。
I/O(inputo/output)点数が数百点とかの信号線を追いかけるよりはましかな。
完璧に追いかけてチェックしなくても,トラブルにつながることはない。
等々,楽と言えば楽かな。
でも年齢的にキツイ。
そして品種を丸札に書いてぶら下げる。
「もう梅雨あけたんじゃね~の」とブツブツと気象庁に八つ当たりしながら。
(梅雨明け宣言は7月28日でこの作業はそれ以前の土日で行ってました)
チャレンジしてみました。
0721
ハプニングの中様々な事が判ってきました。
できるだけ午前中に行うようにしていたのですが,暑さが「ガツン,ガツン」と服の上から容赦なく皮膚へ突き刺さるし,押し寄せる蚊の大群とも格闘しながら。
涼しい格好で作業できればいいんですけど,蚊の餌食となる為長袖長ズボンでないと後で酷いことになるんで。
風が間断なく吹いてくれればいいんですけどね。多分『蚊は風に弱い』
わき道にそれましたが,そんな訳で涼しい格好はできないのです。
一時間ちょっと温度もバカスカ上がって来てる気配。
丸札に記入して立ち上がると,
頭から血の気が引いて「クラクラ」目の前が一瞬真っ暗に。
蔦が複雑に絡まり合ってるので,パーフェクトに品種分けすることはかなり難しい。
(妥協も必要だねと,泣きが入りました)

その際意外な事に気付いたのです。

まとめてみました。
2014年日記7月西洋朝顔の神秘1
なかなか面白いです。

緑のカーテンのもう一人の主役:風船蔓は
2014年日記7月風船蔓


P7276033
暑さに目が回り始めたので,この変で中断。

ペットボトルによる水供給システム運転中

駐車場のフェンス沿いにに西洋朝顔をセッティングするようになって数年になります。
『駐車時にとっても水がやり難くい』という苦情に対応しました。
2014年日記6月ペットボトル
屋根のあるカーポート側だけの仕様です。
屋根のない北側のフェンスは,
雨水が期待できるので,
今のところペットボトル1本で対応してます。
0623
0624


6月の緑のカーテン 栽培カレンダー付です
2014年日記6月西洋朝顔

風船蔓
2014年日記6月風船蔓

information
虫よけウェットティッシュ
ガーデニングの熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンク レモン ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を
火星の食卓
で公開中
火星農園栽培難易度
火星農園的虎の巻 栽培難易度偏差値一覧
管理人:火星から来たBethのプロフィール

のざぽん

『火星から来たBeth』とは
地球歴2009年10月28日
Bethが火星からやってきたのをきっかけにはじめたブログです。
実際は宮城県動物愛護センターの譲渡犬として貰い受けてきた犬ですけど。
なんとなく「ブログをやってみっかな」。
そしてブログをはじめるにあたり,タイトルで悩んでいました。
「出生も出身地もわからないんであれば,火星から来たことにすればいいんじゃない」
この札幌の友人の一言で決まった由緒正しいタイトルなのです。
お散歩は,住んでる岩沼を中心に宮城県南部を主なターゲットに選んで歩いてます。
『のざぽん』とは
小学校から中学校にかけて呼ばれていたあだ名で,札幌の友人に言わせれば「ダサイ」の一言。
僕も「ダサイ」とは思ったのですが,なにせその手のボキャブラリーは,貧困この上ない僕。
あとで変えればいいやと思い,取りあえずつけたニックネームです。
でも,いまだに変えてません。
やはりボキャブラリーの問題なんでしょうね。
『ブログの内容』
当初はBethとの散歩を中心のお散歩日記だったのですが。
散歩が徐々に遠足へそしてトレッキングへと移行していくにつれて,歩くのがとても楽しくなり。
生活の一部となるにつれて,ブログの内容も変化してきたと思っています。
それと,やはり2011年の震災ですね。
自然の脅威に翻弄されながらも,
自然の営みの一部に生活がある事をしり,
その自然の営みの中で多くの恩恵を受けながら共存して行こうとする人々に感動したりしながら・・・。
その様々な人間模様のなかで,究極とも思える環境の中で垣間見える業などに,悲しみを覚えたりしながら・・・
のブログになってきたように思います。

そして,『火星から来たBeth』から『のざぽんの食道楽』が生まれ・・・これは『火星の食卓』で継続しています。
『火星農園』が生まれ,震災後『火星電気商会』が生まれました。

タグクラウド
胡瓜の摘心方法
とまと摘心芽かき方法