馬鈴薯

9月 秋植えのジャガイモ

秋植えのジャガイモは、あまりポピューラーでないのか、植えていると聞かれます。
「エ?それジャガイモ?」

種芋を購入してるときも、購入後のジャガイモを手に取って聞く叔母様がいました。

僕がレジで購入後の箱をのぞき込み。
品定めするように手で探りながら。
心の声「おいおい!何してるねん」
更に叔母様、お金を払い所有権が僕に移ったばかりの種芋を手に持って、
「ジャガイモ?」と。
ちょっと不愉快な気分で「一般的にジャガイモと言われる作物です」と僕。
8月8日の出来事でした。

植え付けは、夏休み休暇の9月3日(金曜日)

品種は、デジマ・ニシユタカ・アンデスレッド

目標は1年を通して、自前のジャガイモで澱粉を摂取し続ける事!

  • デジマ
    デジマ

  • ニシユタカ
    ニシユタカ

  • アンデスレッド
    アンデスレッド


2021.094


岩沼市民体験農園は、荒地の様な土地。
そして、来年はくじ引きで当たる(くじ引きなんです。無料だから仕方ないでしょうけど)
かどうかわからないので、どうも耕す手に力が入りません。

そうなると、やっぱりジャガイモしかないっちゃね!
1年を通して自前のジャガイモを目指す事にしました。

馬鈴薯の収穫

火星農園パートⅢの馬鈴薯畑

P6264111

伸び放題の馬鈴薯の葉。
芽欠きも何もせずに放置したままだったので、収穫できるかちょっと心配でした。
隣のトウモロコシと比べても引けを取らないぐらい伸びており、
腰の高さぐらいなので、藪漕ぎほどじゃないけど、ジャガイモの茎の中を分け入るって感じです。

伸びすぎかな?と思ったのですが。

  • キタアカリ

  • キタアカリ


  • メークイン

  • メークイン


    P6264120


    放置したままでも十分な収穫がえられました。

    ただ、耕し方が不十分な場所は、極体に数量が少なかったですね。
    借りたエリアの一部は、耕しても耕しても硬いままで、
    最後は疲弊しきってしまい、妥協して植え付けした場所は、やはり良くなかった。
    今回借りた土地は、土を入れ替えるぐらいの気持ちで当たらないと、
    いい結果は得られないと痛切に感じました。
    ただ、同じ土地を借りれる保証もなく、抽選にハズレれば、空振りに終わるのです。
    抽選の時期が遅く、種芋を購入後に「アタリ」「ハズレ」の通知が来るため、購入した種イモが無駄になる可能性があるのですね。
    市役所の仕事ですから仕方がないのでしょうけど。

P6264118

後かたずけは後日。


ジャガイモの実?
P6274157

間違いなくジャガイモの茎の先にぶら下がってました。

P6274127



馬鈴薯

去年から『ハナトピア岩沼体験農園』を借り、
開墾しつつ自給自足生活の一歩を歩み始めた我々。

去年は馬鈴薯、南瓜、白菜にチャレンジ。

真ん中に南瓜を植えたら、すべてが南瓜畑になり、20個以上の収穫でした。
南瓜の勢いはすごいです。
馬鈴薯も割とうまくいったのですが、白菜は種まきの時期が1カ月遅れてしまい、
無残な結果に終わりました。

今年は上半期は、馬鈴薯のみで計画。
「男爵」「メークイン」「きたあかり」
をそれぞれ33個、34個、35個を要し万全の態勢で、ハナトピア岩沼体験農園に応募。
抽選の結果?(本当に抽選してるかは不明)去年と同じ場所が割り当てられました。

抽選だし、「アタリ」もあり「スカ」もあるだろう。
「アタリ」でも同じ場所になる可能性は・・・確率的にかなり低い。
そういう意味もあって、土地への愛着は薄くなってしまうのが、心情というもの。
更に、抽選結果は、はがきで4月17日(「アタリ」の人のみ)
返却は翌年の3月1日。
秋蒔き、春収穫・・・グリーンピース等は作れない農園。
ですから、時間軸を考慮して施肥をする場合。
どうしても後半は力が入らないと思われる。
前の借用者がどんな作物を植えたかも判明しないので、連作障害に関する予防は不可。


当初、4月18日から19日で開墾計画を立てていましたが、弘前出張で延期。
4月25日開墾の準備をして農園へ。
去年と同じ土地を割り振ってありました。
そう言う事であるなら、十分手をかけて土地を開墾する気にもなるってもんです。

総面積25m2ですから、手ごろな広さで、いい感じなのですが。
問題があります。
重いんです。

P4251956

粘土質で、スコップで掘り起こすと、ボコと音がして・・・スコップにくっつきます。
結構、疲れます。
今後継続的に農園を借りること、
同じ土地が割り振られる事を考慮し、改良することも前向きに考えたいですね。

頑張りました。

P4251962



4月30日
畝を作りに行って、

P4302038

左の腰を痛めました。激痛が・・・。

山友のkuniさんと農園出会い、体幹が弱くなってるだよ、それは。
プランク5分を進められました。
腰が軽くなり、バッグパックが軽くなるからと。

更に県北の工場からトラブルの呼び声・・・とりあえず電話対応。
目の回る一日でした。


5月1日
植え付けの日
2020.05

P5012051


山友のkuniさんと、またもや農園でバッタリ。
明日どっか行こうよ!
hisaさんが「コシアブラ!コシアブラ!」と遠吠えしてるよ。
そう言う事なら氾濫原だっちゃね。

農園内で打ちあわせをし、hisaさんを誘って、あした氾濫原へ行くことになりました。
information
虫よけウェットティッシュ
ガーデニングの熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンク レモン ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を
火星の食卓
で公開中
火星農園栽培難易度
火星農園的虎の巻 栽培難易度偏差値一覧
管理人:火星から来たBethのプロフィール

のざぽん

『火星から来たBeth』とは
地球歴2009年10月28日
Bethが火星からやってきたのをきっかけにはじめたブログです。
実際は宮城県動物愛護センターの譲渡犬として貰い受けてきた犬ですけど。
なんとなく「ブログをやってみっかな」。
そしてブログをはじめるにあたり,タイトルで悩んでいました。
「出生も出身地もわからないんであれば,火星から来たことにすればいいんじゃない」
この札幌の友人の一言で決まった由緒正しいタイトルなのです。
お散歩は,住んでる岩沼を中心に宮城県南部を主なターゲットに選んで歩いてます。
『のざぽん』とは
小学校から中学校にかけて呼ばれていたあだ名で,札幌の友人に言わせれば「ダサイ」の一言。
僕も「ダサイ」とは思ったのですが,なにせその手のボキャブラリーは,貧困この上ない僕。
あとで変えればいいやと思い,取りあえずつけたニックネームです。
でも,いまだに変えてません。
やはりボキャブラリーの問題なんでしょうね。
『ブログの内容』
当初はBethとの散歩を中心のお散歩日記だったのですが。
散歩が徐々に遠足へそしてトレッキングへと移行していくにつれて,歩くのがとても楽しくなり。
生活の一部となるにつれて,ブログの内容も変化してきたと思っています。
それと,やはり2011年の震災ですね。
自然の脅威に翻弄されながらも,
自然の営みの一部に生活がある事をしり,
その自然の営みの中で多くの恩恵を受けながら共存して行こうとする人々に感動したりしながら・・・。
その様々な人間模様のなかで,究極とも思える環境の中で垣間見える業などに,悲しみを覚えたりしながら・・・
のブログになってきたように思います。

そして,『火星から来たBeth』から『のざぽんの食道楽』が生まれ・・・これは『火星の食卓』で継続しています。
『火星農園』が生まれ,震災後『火星電気商会』が生まれました。

胡瓜の摘心方法
とまと摘心芽かき方法