メタセコイア

僕の家で息衝くメタセコイア

生きている化石と言われ、命名されてから80年の今年。
当時絶滅した植物と信じられていたセコイアは常緑種でした。
そのなかに未知の落葉種を発見(京都帝国大学 博士の三木さん)。
メタ(後の)セコイアと命名されました。
それから5年後に中国の奥地で生きてるメタセコイア(中国名:水杉)が発見され、
アメリカの専門家が種を譲り受け、100本の苗木を日本に贈ったと
朝日新聞2021年2月4日 朝刊に記されてました。

どういう経緯で僕の父が入手したのかは、今や闇の中なのですが・・・・。
専門家同士のつながりでもあったのでしょうか?

僕の家のメタセコイアは、おそらくこのメタセコイア(水杉)の子孫でしょうね。


僕の家のメタセコイアは、2代目。
初代目は、1959年(僕の生まれた年)に数本植えられたと聞いてます。
その後すくすくと大きくなり、
落葉の度近所からクレームが寄せられるようになり、1本を残し伐採。
その残った1本も駅前開発の為約10年前に伐採。

その最後の1本から新芽を数本切り取り、挿し木してみました。
そして、3本(1本地植え、2本鉢植え)が、今僕の家で脈々と息づいてます。

P3040023


毎年のように根っこの被害があり、
去年は雨水の配管に進入し雨漏りの被害をもたらしました。
しかし、2代目とはいえ、僕の起源のようにも思えるこのメタセコイアは、
この様な被害があっても思い入れがあって・・・

根の浸食?は畑に深刻な被害をもたらし、
根を切断後ガスで炙って侵入を阻むのですが、強い!
そして、僕の足も窒素で焼かれてしまうという悲劇が待ち受けていたのです。
一蓮托生?

メタセコイアの散髪

2018年6月24日(日曜日)
朝のお散歩

P6241879

から帰宅

P6241881


「おっ一番花。見っけ」

P6241890


今年はフライイングソーサーが一番花。

昨日の土曜日にコナラの木の散髪の残骸をなんとか処理

P6231873

伐採した後,小枝を払うのはtomoさんの仕事。
それが終わったら,丸鋸で細かく切断します。
コナラノ木は結構硬いので大変でした。




実はメタセコイアもなんです。

P6241894


日差しを遮って涼しくていいのですが
メタセコイヤの奥にある倉庫へは,中腰でないと行けなくなってました。
雨が降ってる時,雨上がりの後には,水分を含んだ枝が垂れさがり。
もう大変。

24日の9時から1時間半かけて

P6241897

散髪しました。

いや~腕がパンパンです。
大量の枝にため息をついていたtomoさん「後はよろしく」

この後ホタテご飯を食べに行きました。

悪戦苦闘 deep roots

10月25日 宮城県議会議員の投票日

PA252708

投票率があがれば,県政も変わると期待しつつ朝一番で投票。

「投票なんて一度もしたことない」と自慢げに吹聴する人がいます。
情けない話ですネ。

県政を国政を変えたいと「悪戦苦闘」の投票!!
「チェンジ」と祈願しつつ投票所を後にしました。



さ~て,今日はなんとしてもチューリップを植える準備をしなければ!
と意気込んでスコップを花壇に差し込んで?
「レレレレ?」
刺さらない!!
「どうなっちまってるんだ?」
もう一度,思いっきり勢いをつけて。
「トォーリャー」
「グキッ」
「イテテテテ」
まるで,民意をはねつける国政の様だ!!
怒りがフツフツと沸いてきて・・・「ピ~」っと沸騰してしまいました。

全ての筋力を総動員して「ウリャッ,ウリャッ,ウリャッ,ウリャッ」と約二時間。
出てきたものは

PA252727

PA252729

PA252731


メタセコイアの根です。
約4.2㎡の花壇一面に広がった根でした。
この悪政がはびこる予感はありました。

こんな風に,今の国政の裏に潜むものを明らかにできればいいのにね。
筋力だけではなく,どんな労力も惜しまず提供するんだけどな。


「基!」
この根がはびこってる予感はありました。
それは,芋ほりの時の事です。

サツマイモ


10月12日,軽い気持ちで抜いてみようと思ったら,ビクともしないのです。
芋がある附近を,傷つけないように移植ベラで,そーっと掘り起こしてみました。
すると芋の本体にまで絡み付いたメタセコイアの根。
あまりの凄さに,尻尾を巻いて逃げたのであります。
そして,10月17日リベンジの芋ほり。
なかなか大きいぜ!上々の守備と思いきや?
サツマイモに多数の穴が,虫の穴?
切ってみても,虫はいないし,出てくるのは土ばかり。
観察しながら掘ってみると,どうもメタセコイアの根が入り込んでできた穴の様です。
それとも,メタセコイアの根を包み込むようにサツマイモが成長した?
それにしても「恐るべしメタセコイアの根」

1027


味は・・・とてもやわらかく,美味しい芋です。
僕は天ぷらでマヨネーズをぶっかけて食べます。
「ウンメ~」

この花壇はチューリップ用のを急遽サツマイモ様に施肥し植え付けたもので,当然ことしもチューリップは植える予定でした。
だから,いやな予感はしつつも,思いっきりスコップを差し込んでみたのです。

「国政を壟断する不逞の輩目!!」
「ザクッザクッ」っと・・・・・は行きませんでした。
網の目のように張り巡らされた利権の根は,どうにもいやらしく絡みついてくるのです。


そして,白日の下にさらされた(利権の)根は,対策を講じないといけない事を物語っていました。

悪戦苦闘 cleanupへ続く
PB073230
information
虫よけウェットティッシュ
ガーデニングの熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンク レモン ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を
火星の食卓
で公開中
火星農園栽培難易度
火星農園的虎の巻 栽培難易度偏差値一覧
管理人:火星から来たBethのプロフィール

のざぽん

『火星から来たBeth』とは
地球歴2009年10月28日
Bethが火星からやってきたのをきっかけにはじめたブログです。
実際は宮城県動物愛護センターの譲渡犬として貰い受けてきた犬ですけど。
なんとなく「ブログをやってみっかな」。
そしてブログをはじめるにあたり,タイトルで悩んでいました。
「出生も出身地もわからないんであれば,火星から来たことにすればいいんじゃない」
この札幌の友人の一言で決まった由緒正しいタイトルなのです。
お散歩は,住んでる岩沼を中心に宮城県南部を主なターゲットに選んで歩いてます。
『のざぽん』とは
小学校から中学校にかけて呼ばれていたあだ名で,札幌の友人に言わせれば「ダサイ」の一言。
僕も「ダサイ」とは思ったのですが,なにせその手のボキャブラリーは,貧困この上ない僕。
あとで変えればいいやと思い,取りあえずつけたニックネームです。
でも,いまだに変えてません。
やはりボキャブラリーの問題なんでしょうね。
『ブログの内容』
当初はBethとの散歩を中心のお散歩日記だったのですが。
散歩が徐々に遠足へそしてトレッキングへと移行していくにつれて,歩くのがとても楽しくなり。
生活の一部となるにつれて,ブログの内容も変化してきたと思っています。
それと,やはり2011年の震災ですね。
自然の脅威に翻弄されながらも,
自然の営みの一部に生活がある事をしり,
その自然の営みの中で多くの恩恵を受けながら共存して行こうとする人々に感動したりしながら・・・。
その様々な人間模様のなかで,究極とも思える環境の中で垣間見える業などに,悲しみを覚えたりしながら・・・
のブログになってきたように思います。

そして,『火星から来たBeth』から『のざぽんの食道楽』が生まれ・・・これは『火星の食卓』で継続しています。
『火星農園』が生まれ,震災後『火星電気商会』が生まれました。

胡瓜の摘心方法
とまと摘心芽かき方法