2012年06月

rockyの火星農園デビュー

久しぶりの晴天の休日。
だけど,とても暑い日。
Bethは精一杯怠惰な雰囲気を漂わせながら,農園の管理をしてます。
17-2

今日の予定は,
プランターへの水供給治具の検証。
サラダ菜・リーフレタス・かぼちゃ・西洋朝顔(blue heaven flying saucer)の植え替え。


プランター水供給治具プロトタイプの検証
今年は,北東面のフェンスにもプランターを増やしたので,水やりなどの手間の軽減のために考えてみました。
6月17日から約一週間の予定で検証します。
・材料

2リッターのペットボトル
 ペットボトルよりガラス瓶の方がいいのですが,重さなどを考慮してペットボトルにしました。
エアー配管継手片口ニップルAT65
 PT1/8ホース口径7㎜
ビニールチューブ
 6×9mm
アサヒモ
・道具
電動ドリル
キリサキ
下穴用金属の場合は8.2㎜でいいのですが,プラスチックの蓋に下穴をあけるので7.5㎜を使用。
管用タップ
 PT1/8
タップハンドル
0648

GLからペットボトルの下端までの高さを300㎜にしてみましたが,
水の重さで,ペットボトルの表面が凹んでしまい水が止まらなかったので・・・
想定内ですけど。
P6174578-001
いろいろ調整。
最終的に130㎜で固定し,1週間のRUNNING TEST実施。

RUNNIG TESTの結果で,固定する金具を2種類製作する予定です。
吊り下げるタイプと,据え置きタイプですね。


植え替え

火星菜園
かぼちゃ・サラダ菜・リーフレタス
0650

ガーデニング
西洋朝顔 heavenly blue ・flying saucer
0651

終了後のひと時
P6174682

rochyさんが農園を襲撃

0646

火星農園の管理者:Bethにご挨拶をするRochy
P6174979

挨拶もそこそこに,探索開始。

0652
P6175092
P6175018
げきあからとうがらし畑に突入開始
0653
blueな気分のBeth
0654


下の写真をクリックすると,それぞれの火星へワープします。

火星から来たBeth
火星の食卓

梅雨入りした火星農園

2012年6月10日13時の気温と湿度
0630



火星菜園

サニーレタス

0615


サラダ菜

0618

もうそろそろ植え替える時期ですが,あいにくの天気で来週に順延しました。

パセリ
0619

手前に虫さんの亡骸が横たわっていますが,
自然にお亡くなりになったものです。
殺虫剤などは,一切使用していません。

火星農園では作付面積が狭いためリーフレタス・サラダ菜・パセリに関しては,
プランターに若干多めに種をまき,畑の空きスペースに都度植え替えるようなシステムを採用しています
プランターの苗がなくなるころ,ちょうど秋口になるのですが,もう一度プランターに種をまきます。
そして,春先と同じように都度植え替えます。
気温が下がる晩秋のころ地植えの野菜をプランターに移し,そのまま家に入れて栽培を続けます。
このやりかたで,ほぼ一年を通して栽培可能です。
そして新鮮な採りたて野菜がいつでも食べれるわけです。
特にパセリはとても丈夫な野菜で,栽培はとても楽です。
そして,このシステムで栽培を始めてからは,パセリを購入したことは一度もありません。


去年の春に植えたパセリ。

0620

居間の日当たりのいい廊下で冬を越しました。
まだ収穫でき,美味しいです。
週末に,トマト・玉ねぎを・パセリをみじん切りにしてオムレツのソースにしました。
必要な分だけ摘んで使うのがコツです。
リーフレタスもサラダ菜も同じです。


茗荷と三つ葉
0621

茗荷を食べるとおバカになると言われたことがあります。
なるわけないけど。
夏場の冷麦の薬味としては,とても最高ですね。
白石温麺に入れてもgoodです。
最近は甘酢茗荷を作ります。
茗荷と言えばお盆でしょう。
残暑の中,太巻きと茗荷がたっぷり入ったおくずかけを食べるのは最高です。
僕にとっては,茗荷の香り≒夏・お盆の香り。
夏が来て茗荷を食べる度,おバカになってもかまわね~やと思って食べてました。




Bethの大好きなかぼちゃ

0622
これも来週には植え変えないといけないでしょう。

Bethのおやつと言う要望にお応えして植えました。
種は購入品ではありません。
去年食べたかぼちゃの種を保存していて植えました。



トマトの脇から芽を出しました。
かぼちゃです。
ここは,去年までコンポストがあったところで,
捨てた種から芽が出たんですね。
P6104175

トマト
わき芽を取るメンテナンスが必要です。
Bethが大好き。
0628

げきからとうがらし
0632
「げきからとうがらし」と言う品種のとうがらしです。
この品種は丈夫で比較的たくさん収穫できるので,唐辛子を購入する必要がなくなりました。

きゅうりとねぎ

Bethはネギはだめだけどきゅうりは大好きです。
0633
きゅうりの収穫はおそらく7月の半ばぐらいからになると思います。
収穫時期が短期間で大量に収穫できてしまうので,ピクルスを大量に作ります。
それでも食べきれないので,ご近所にもらっていただいてます。
この太く短い収穫時期を,細く長く調整できないかが課題です。





ガーデニング

紫陽花
去年庭園灯の工事をしたときにかなり掘り起こしたので,
今年はちょっと元気がありません。
0623



ヘンルーダ
ネコさんが嫌いなハーブの一種です。
プランターにまいた種がことごとくネコさんに掘り返されたので,10年ほど前に購入しました。
あまり効き目はないようです。
0624

紫蘭
0626

この花は僕が植えた花ではないのです。
僕たちが引っ越してきた年とその翌年にかけて,いろんなものが庭に植えられたのです。
おそらくkeiちゃんの友人達が,植えていったのだと思います。
植えた記憶がないというかガーデニングをしようなどとは,全く考えていなかったので咲くはずないのですけど・・・咲いたんです。
たまげました。
この時期,keiちゃんのお友達たちが押し寄せてきては,思い思いの木や花を植えて行ってたみたいです。
一番びっくりしたのは,深夜帰宅したとき玄関に約2mの木が2本
「ボン。ボン」と無造作に置かれてたのには,おったまげました。
まだ近所にはあまり人が住んでいなくて外灯もなかったし,仕事でいつ帰るかわからない僕のために玄関の電気はつけてはおかなかったので,真っ暗闇だったのです。
そこに横たわる黒い巨大な物体の気配を感じたとき,正直ビビりました。
木だと分かった瞬間,ホットしましたけど。
でもなんで木があるんだ
「????」
それ以上に問題がありました。
「家に入れねーよ」と叫んだのであります。
いやまいったまいった。
翌日は休日だったので仕方なく植えましたよ。
keiちゃんの話では,最近越してきた近所の人が「木をあげる」と言って持ってきたんだそうです。
そのあと掃除が待ってました。
なぜかと言うと。
木を抜いてすぐ持ってきたらしいのですが,
木をくれた家から僕のうちの玄関まで永遠と引きずった跡がついていました。
「フ~」ため息が漏れたと記憶してます。


火星農園には,未だに正体不明の植物が花を咲かせています。


つつじ
0627

レモン・グレープフルーツ・コナラ・スズラン
0625
グレープフルーツとレモンは,食べた種を植え大きくなりました。
花は咲いたことがありますが,実はなったことがありません。
新芽が出る頃(今の時期)柑橘系のいい香りがします。

チューリップの球根です。
あと一週間陰干ししてから保管します。
0635



Bethは怠惰な昼下がりを過ごしていました。
気圧が低いとき,湿気が高いとき。
あまり調子が良くないみたい。
今年は夏毛になるのが遅いような気がします。
そのせいか,暑さになかなか順応できてないのかもしれません。
4月から5月にかけてトラブルがあったせいかな?
0629

散歩の時間には,復活。
農園をチェックして問題ないことを確認してから,tomoさんと出発していきました。
0631

火星から来たBethから移り住みました

火星から来たBethの監修のもとに運営されている火星農園です。
068
ご紹介いたします。
彼女がBethです。
今日も不正?や手抜きがないか目を光らせています。
0573


4月から準備をはじめ
4月28日から5月13日までに,ほぼ苗木も種も植え終わりました。

火星菜園の部のメニュー

・苗木からスタートした野菜
 きゅうり 4本
 トマト  4本
 長ネギ 多数
 にら(約10年前の奥松島産)
 三つ葉(約10年前に種から育てました)
 茗荷(約10年前に苗木と言うか地下茎を購入)
きゅうりとトマトは,購入品。
長ネギは,ご近所からのいただきもの
にら・三つ葉・茗荷は,一度根付けば,毎年収穫できる植物です。

6月2日,3日
きゅうり
069
きゅうりは,肥料の切れ目が縁の切れ目と言われています。
ですから,2週間に一度ぐらい化成肥料を一つまみ株間にあげるのが望ましいのだそうです。
結構忘れんぼちゃんの僕にとっては,大問題なのですね。
継続的に供給する方法を考えてみました。
ペットボトルのキャップに穴を一個あけ,液肥を充填し逆さにして土に差し込む方法です。
液肥の減り方は,穴径・土壌の状態・温度等でばらつきがありますが,10年以上前から実施しています。
そして今,穴径は3mmにしています。
2012.06.05 5:30 きゅうりの花の開花
P6053663

トマト
0610


茗荷
0611


三つ葉
0612


・種からスタートした野菜
 サニーレタス
 サラダ菜
 パセリ
 かぼちゃ
 大葉
 激辛唐辛子 
サニーレタス・サラダ菜・パセリは,苗木で購入すると,確か一本50円から90円ぐらいします。
種から作れば,数百円の種代だけで済み,食べきれないほど収穫できます。
かぼちゃは,食べたかぼちゃの種を植えました。

サニーレタス・サラダ菜・パセリ・激辛唐辛子です。
大葉は発芽しなかったので,種をまきなおしました。

種は去年の春に購入したものを使ってます。
大葉の芽が出ないのは,そのせいなのかな?
リベンジに失敗したら,再度種を購入しようと思っています。
0572


かぼちゃ
こんなにたくさん芽が出ると思ってなかったので,植える場所の確保が大変ですね。
どうしようかな?悩んでいます。
0613


ガーデニング:緑のカーテンのメニュー


 西洋朝顔
  heavenlu blue
 flying saucer
 風船蔓

heavenly blue and fiying saucer
0617


風船蔓
065


緑のカーテンの準備
ネットを掛ける金具の補強
去年は台風の直撃で,ステンレスパイプが折れ曲がりました。
P9228995

今年は,一回り太いステンレスパイプにして,ベランダからステンレスワイヤーで吊って対策してみました。
P6023334

金具の数(ステンレス製棚取り付け金具を利用)を増やし・・・僕の家は鉄骨構造なのでその鉄骨部分にステンレス製のタッピングビスで取り付けてます。水が回り込まないようにコーキング剤で防水処理も加えて行っています。
P6023343
コーキングは,服に付いてしまうと洗っても取れなくなるので,要注意です。

最期にネットを張って完成です。
067
P6033478

6月2日の午後と6月3日の午後一杯かかりました。
「フ~」
普段は脚立に登ることがないので,流石に疲れました。


火星農園で今が見ごろの花
エゴの木
P6033416
P6033417
P6033419
P6033496

2012.06.05 5:30
P6053659
P6053658
P6053654
P6053649

黄素馨(きそけい)
P6033480
P6033484
P6033485
P6033486

2012.06.05 5:30
P6053643

P6053642
P6053639

P6053637

バラの木
引っ越すときに持ってきたバラの木です。
今は亡きmicchiが,相当昔に植えた老木です。
数年前に根元から腐ってしまい,ダメかと思っっていました。
そしたら去年,にょきにょきと幹が延びてきて一輪だけ咲きました。
今年は,バラの香りが庭中にするぐらい咲いています。
P6023349
P6023350
P6012869
P6012873
P6012874

(においがきついのは,頭痛がしてくるのであまり得意じゃないんですけども・・・。)

2012.06.05 5:30
P6053661
P6053662
information
虫よけウェットティッシュ
ガーデニングの熱中症予防に
ヤケクソバイオドリンク レモン ヤケクソバイオドリンクレモン広告
簡単な作り方を
火星の食卓
で公開中
火星農園栽培難易度
火星農園的虎の巻 栽培難易度偏差値一覧
四季のある国

管理人:火星から来たBethのプロフィール

のざぽん

『火星から来たBeth』とは
地球歴2009年10月28日
Bethが火星からやってきたのをきっかけにはじめたブログです。
実際は宮城県動物愛護センターの譲渡犬として貰い受けてきた犬ですけど。
なんとなく「ブログをやってみっかな」。
そしてブログをはじめるにあたり,タイトルで悩んでいました。
「出生も出身地もわからないんであれば,火星から来たことにすればいいんじゃない」
この札幌の友人の一言で決まった由緒正しいタイトルなのです。
お散歩は,住んでる岩沼を中心に宮城県南部を主なターゲットに選んで歩いてます。
『のざぽん』とは
小学校から中学校にかけて呼ばれていたあだ名で,札幌の友人に言わせれば「ダサイ」の一言。
僕も「ダサイ」とは思ったのですが,なにせその手のボキャブラリーは,貧困この上ない僕。
あとで変えればいいやと思い,取りあえずつけたニックネームです。
でも,いまだに変えてません。
やはりボキャブラリーの問題なんでしょうね。
『ブログの内容』
当初はBethとの散歩を中心のお散歩日記だったのですが。
散歩が徐々に遠足へそしてトレッキングへと移行していくにつれて,歩くのがとても楽しくなり。
生活の一部となるにつれて,ブログの内容も変化してきたと思っています。
それと,やはり2011年の震災ですね。
自然の脅威に翻弄されながらも,
自然の営みの一部に生活がある事をしり,
その自然の営みの中で多くの恩恵を受けながら共存して行こうとする人々に感動したりしながら・・・。
その様々な人間模様のなかで,究極とも思える環境の中で垣間見える業などに,悲しみを覚えたりしながら・・・
のブログになってきたように思います。

そして,『火星から来たBeth』から『のざぽんの食道楽』が生まれ・・・これは『火星の食卓』で継続しています。
『火星農園』が生まれ,震災後『火星電気商会』が生まれました。

胡瓜の摘心方法
とまと摘心芽かき方法